スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)

 菅直人首相と民主党の枝野幸男幹事長は8日、さっそく小沢一郎前幹事長が敷いた政権体制の刷新に乗り出した。「小沢支配」からの脱却を掲げたことが高支持率につながったこともあり、参院選に向けさらに大なたを振るう構えのようだが、「悪役」に仕立てられた小沢氏の支持勢力は収まらない。「変化」をアピールするほど党内の不協和音が広がる構図からはなかなか抜け出すことはできない。(佐々木美恵)

 「政権党である民主党の役員会は、閣議とならんで国政を預かる責任ある場だ。私もできるだけ顔を出したい」

 首相は8日午前、党本部で開かれた党役員会の冒頭で党役員会への出席を明言した。

 鳩山由紀夫前首相は小沢氏に「首相は天下のことをやらなきゃならない。党会合に出ることはない」と言われ、党役員会に出席しなかった。これにより鳩山前首相は党務への発言権が奪われ、「政府与党一元化」と唱えながら、政府と党の分離が進んだ。

 菅首相の発言はこの流れを断ち切る強い意志が込められていた。

 党運営の見直しはさらに続く。枝野幸男幹事長は前政権でめったに開かれなかった政府民主党首脳会議を出席者を幹事長代理クラスまで広げ、定例化する方針だ。幹事長室への陳情一元化も「利権的な誤解を招く部分があった」と見直す考えを示した。

 さらに、枝野氏は首相との連携を密にするため、首相官邸にも党幹事長室を新設する意向を固めた。小沢氏が国会内の幹事長室に陣取り、政府・与党ににらみを利かせたのとは対照的な風景となる。

 廃止された党政策調査会も早期に復活。玄葉光一郎政調会長(公務員制度改革担当相)は「いよいよ再出発だ」と抱負を語った。

 静岡県連など前執行部に批判的な団体・候補に停止されていた活動費は支給再開も決めた。小宮山洋子財務委員長は「へこんでいるところは元に戻す。公平にやる」と表明した。

 党運営方針の相次ぐ刷新は首相や枝野氏の求心力を高めることは間違いないが、小沢氏が権力強化に向けて敷いた制度を見直すことは党執行部の弱体化にもつながる。

 しかも小沢氏ら前執行部のメンツを失わせることにもなる。小沢氏に近い若手は「小沢氏が“無血開城”したのには理由がある」と語り、さっそく参院選後の報復をにおわせた。

【関連記事】
小沢、枝野両氏が9日に会談
郵政「改悪」で国民負担年2兆円
副大臣人事など決まる 首相補佐官、新たに寺田氏ら
菅内閣 平均年齢59歳、政経塾出身者3人も
民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

両陛下が岐阜の淡水魚水族館を視察(産経新聞)
首相動静(6月10日)(時事通信)
<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
男女はねられ1人死亡=殺人容疑で捜査―道警(時事通信)
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」会期延長せず(産経新聞)
スポンサーサイト

えびの市圏域、移動制限解除=安全確認検査、異常なし―口蹄疫(時事通信)

 宮崎県は4日午前0時、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に関連した同県えびの市圏域の家畜の移動・搬出制限について、検査で安全が確認されたとして解除した。農林水産省によると、一部が制限範囲に掛かる鹿児島・熊本両県では公示が同0時に間に合わなかったため、同日午前中にも午前0時にさかのぼる形で解除される見通し。
 えびの市では4月28日に肉用牛農家で感染疑いの牛が発見されたため、その農家の半径10キロ以内の家畜の移動制限と、10~20キロ以内の搬出制限が設定されていた。
 県などによると、新たな発生が収まった後の5月24日から3日間、えびの市の発生農家から3キロ以内の家畜に、ウイルスに一度でも感染したことがあるかを調べる血液検査と、肉眼による目視検査を実施。また、5月31日から今月3日まで10キロ以内で目視検査を行ったが、異常は見つからなかった。 

<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)
口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)
区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
検察側の数々の妨害行為指摘にも…「ノーコメント」連発 SS元船長第3回公判(産経新聞)

北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)

 北九州市八幡西区に住んでいた男女2人(いずれも50歳代)が、生活保護の停止、廃止処分を受けたことについて「手続きが違法だった」などとして、同市に処分取り消しと慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決が25日、福岡高裁であった。

 小山邦和裁判長は、廃止処分取り消しや慰謝料など66万円の支払いを命じた1審・福岡地裁判決をほぼ支持し、一部を除き市側の控訴を棄却した。

 判決によると、市は2003年8月、夫婦だった2人に家族の住所の報告を求めたが、返答がなかったとして生活保護を一時停止。市は同年12月、2人から報告を受けて生活保護を再開したが、女性らが仕事を探していないとして、04年11月に保護を廃止した。

 1審判決は「市の停止手続きは注意義務を尽くさないまま行われた。廃止処分も重すぎ、裁量の範囲を逸脱して違法」とし、処分の取り消しなどを命じた。

 高裁は、1審判決の廃止処分と慰謝料に対する判断を支持。停止処分についても「市側は弁明の機会を保障しなかった」などと指摘したが、「原告側の手続きに一部不備がある」とし、原告の訴えを却下した。

保育園バス横転、10人軽傷=車と衝突―千葉(時事通信)
私大職員、研修名目で業務=補助金交付の事業団(時事通信)
<詐欺>小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
<人事院>新規採用者を抑制 11年度は13人に(毎日新聞)
幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)

車振り落とし殺人、出頭の男2人逮捕 京都・福知山(産経新聞)

 京都府福知山市で逃走車両を制止しようとした男性が車から振り落とされて死亡した事件で、福知山署は17日、殺人などの疑いで、同市荒河の会社員、井上慎伍(23)、滋賀県長浜市高月町の家事手伝い、小柳憲士郎(22)の両容疑者を逮捕した。同署によると、2人は容疑をおおむね認めているという。

 逮捕容疑は16日午前5時5分ごろ、福知山市堀にあるアパートの派遣社員の男性(38)方に井上容疑者が侵入。小柳容疑者とともに逃走しようとした車に、無職の北野孝さん(59)がボンネットにしがみついたまま車を発進させ、約170メートル先の路上で北野さんを振り落として殺害したとしている。

 両容疑者は16日午後に、同署に出頭していた。両容疑者は専門学校時代の同級生。

 同署によると、井上容疑者は「知人を訪ねようとして間違って入った。逃げたかったので、振り落とした」と供述しているという。

【関連記事】
住居侵入者を追い掛け重体 逃走車両、男性振り落とす
大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」
長塚京三、盗まれたのは「テディベア」 台場のホテルで車上荒らし
交通事故、高齢の加害者が急増 見落とし、気付かぬ例も
購入予定の車を勝手に運転してひき逃げ 容疑の男逮捕
少子化を止めろ!

神戸まつり最終日 せんとくんも登場、市民ら熱気(産経新聞)
ご飯こぼし、いらいら…小3長男に傷害容疑(読売新聞)
「東国原知事殺す」ツイッターに殺害予告(読売新聞)
参院山口に俳優の原田大二郎氏=民主(時事通信)
介護サービス情報のサイト、6月に新設―長野県(医療介護CBニュース)

普天間結局は県内移設 鳩山首相「ウソ」の全軌跡(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が総選挙の時に打ち出していた「(移設先は)最低でも県外」という方針は、事実上反故にされることが確実になった。現地からは「公約破り」との声もあがっているが、首相は今になって「発言は党としての公約ではなかった」と主張する始末だ。この問題での鳩山首相の「ウソ」を検証してみた。

 鳩山首相は、民主党の代表として総選挙で勝利をおさめる前の09年8月の段階では、街頭演説などで

  「基本的には県外、できれば国外」

などと繰り返してしていた。

■政権獲得以来「県外」を何度も発言

 政権を獲得して首相になった後の9月24日にも、普天間問題について

 「基本的な私たちの考え方を変えるつもりはない」

と言明。やはり、「県外、できれば国外」という立場だ。

 移転候補地についての「ぶれ」が目立つようになるのは、この後だ。11月14日のオバマ大統領に対する「『トラスト・ミー』発言」を経た12月4日には、「当然のことながら辺野古(への移設案)は生きている」と発言。県内移設の可能性を示唆しだが、11日後の12月15日には、「やはり、辺野古ではない地域を模索する。そして、できれば決めるという状況を何としても作り上げていきたい」と一転、「県外」に含みを持たせた。

 年が明けた3月19日には、「県外は難しいけれども、当然沖縄の県民の気持ちからすれば(県外が)望ましいという気持ちを大事にしたい」。迷走はさらに続き、3月31日の党首討論では、「腹案を持ち合わせている。現行案と同等か、より効果のある案だと自信を持っている」と発言。

 4月24日には

  「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜」

とまで述べたが、結局5月4日には

  「沖縄の皆さんに負担をお願いしなければならない状況であることを、改めて申し上げなければならない」

と県内移設を表明するに至っている。

■「政府案3月中に提示する」はどうなった

 移設の時期についても「ぶれ」は同様で、09年12月25日の記者会見で、記者から

  「5月末までに移設先を必ず確定させる考えはあるのか」

と問われ、

  「5月までに、新しい移設先を含めて決定していきたい」

と、「5月末」の期限を設定。この期限から逆算する形で、

  「3月中のいずれかの時点では、政府の考え方をまとめなければ」(3月4日)
  「3月いっぱいをメドに、政府案をまとめる努力をしている」(3月26日)

と、政府案が3月中に提示されるとの考えを繰り返した。

 ところが、結果的にこれも「ウソ」だった。結局、政府としての案が正式に発表されたのは、鳩山首相が沖縄を訪問した5月4日だった。

■県外移設は「個人の発言」と強調

 ところが、鳩山首相は、自身の発言を「ぶれ」とか「ウソ」とかだとは感じていない様子だ。5月4日夕方には、

  「(県外移設は)『党としては』という発言ではなくて、私自身の『代表としての』発言。その自分の発言の重みは感じている」

と、「個人の発言」であることを強調。確かに民主党のマニフェストには

  「日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」

としか書かれていないものの、前出の09年9月24日の発言をとってみても、県外移設について「基本的な私たちの考え方」と述べており、少なくとも鳩山首相の個人の考えにとどまらないことは明らかだ。その意味でも牽強付会、一種のウソともいえる。

 5月6日には、記者から

  「国民からすべての発言が場当たりに聞こえるんですが?」

と指摘されても、首相は

  「場当たりな発言は一切しておりません。公約というのは(民主)党の公約。『最低でも県外』と言ったのは、自分自身の発言」

と、同様の主張を展開するにとどまっている。

 5月末までに、政府案決定ができる可能性は、はたしてあるのだろうか。


■関連記事
鳩山首相沖縄を訪問 普天間「すべてを県外に移すのは難しい」 : 2010/05/04
普天間基地移設先に「テニアン島」? 北マリアナ連邦が積極誘致へ : 2010/04/28
普天間移設 「辺野古桟橋と徳之島」で政府案調整 : 2010/04/29
ユニクロ「NEWブラトップ」 新CMに山田優を起用 : 2010/05/06
パイロット「憧れの職業」 人気トップテンから陥落 : 2010/04/30

<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
4人を強殺容疑で再逮捕…長野・一家遺体遺棄(読売新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ-普天間(時事通信)
ネアンデルタール人 ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。